借り換えのタイミング

不景気が長い間続いている世の中では、多くの家庭で家計の見直しが行われていることだと思います。家計の最も大きな負担になっているのは、持ち家を持っているほとんどの家庭では住宅ローンとなり、現在家計に余裕がある場合は繰り上げ返済をすることも有効手段となりますが、現在の家計をすばやく改善させるためには、住宅ローンの借り換えが非常に有効な手段となります。
住宅ローンの借り換えを実際に行う人の多くは、収入が減った時に住宅ローンの借り換えを行うことを考えますが、借り換えの良いタイミングとしては、収入が減ってからでは審査に通りにくくなるリスクがあるので、もし収入減により借り換えを行う場合は、収入減が分かったらすぐに実行に移すことをおすすめします。その理由は審査の多くは年収で判断する場合が多いので、収入が減る前に、前年の収入が多い所得証明を使用した方がよいことになります。
住宅ローンの借り換えのタイミングでおすすめなのは、短期固定金利などの低い金利の期間が終了する時に合わせることで、その後に金利の低い長期固定金利や完全固定金利に借り換えることがおすすめとなります。
その他には自分の健康状態も考えることがポイントで、ほとんどの金融機関では団体信用生命保険に加入できることが条件となっているので、健康なうちに借り換えすることが、条件の良いローンを選べることになります。


注目の記事

残高にも注意しよう

記事を読む

金利の上昇に注意が必要

記事を読む

状況の変化にも注意が必要

記事を読む