借り換えの手順

住宅ローンの借り換えの実際の手順は、最初に最も大事な借り換え先の金融機関を決めることからはじめます。その際には実際に借り換えを行った人の意見を聞くことも大事ですが、今ではインターネットという便利な道具があるので、できるだけ多くの情報を、インターネットを利用して集めるようにして、金利や手数料やキャンペーン情報をチェックして下さい。インターネットではいろいろな金融機関の情報の詳細をまとめて比較しているサイトがいろいろあって、さらに実際に利用した人達の口コミも載っているので、とても参考になります。
借り換え先を選んだら実際に金融機関に借り入れの相談をすることになりますが、ここでしっかり返済のシュミィレーションをしてもらい、対応が悪いような場合はこの時に利用をやめるようにして、他の金融機関に相談するようにして下さい。
借り換え先を決めたら、必要な書類を提出して審査をしてもらいます。審査に落ちれば他の機関に改めて相談しなければいけませんが、審査に通れば契約を交わして融資が行われ、抵当権を設定して現在の住宅ローンを完済して手続きは終了となります。現在の住宅ローンの返済などの手続きは、新しい金融機関の担当者が親切に教えてくれるので、指示にしたがって行動すればいいだけなので安心です。


注目の記事

残高にも注意しよう

記事を読む

金利の上昇に注意が必要

記事を読む

状況の変化にも注意が必要

記事を読む