借り換えにかかる費用

住宅ローンの借り換えで必ず注意が必要になるのが、実行する際にかかるいろいろな費用となります。特に高額になるのは保証料で、諸経費の中でも通常最もかかる費用が保証料だと言われています。
住宅ローンの借り換えにかかる諸経費は総額で50万円を超える場合も珍しくないので、現在の残金と照らし合わせて、本当に借り換えをした方がいいのかをしっかりと検討した上で実行に移して下さい。しかし現在では諸経費の大半を占める保証料を無料にしている機関もあるので、そのようなところを選択する手もあります。しかし保証料が無料でも事務手数料が高いと意味がなくなってしまうことも多く、事務手数料は一定の金額に設定しているところもあれば、借入する金額のパーセンテージで設定しているところもあり、借入額が多い場合はかなりの金額になるので注意が必要になります。
その他には抵当権設定費用がかかり、これは借入額の0.1パーセントに設定されていますが、その他に司法書士への報酬が必要になります。一般的に住宅ローンの借り換えを行う場合は金利でいけば0.7パーセント以上違えばメリットがあると言われていますが、保証料やその他の諸経費を抑えられる場合は、それ以下でも十分メリットが出てくることになるので、自分の目的に合わせて全てのトータルで判断するようにして下さい。

注目の記事

残高にも注意しよう

記事を読む

金利の上昇に注意が必要

記事を読む

状況の変化にも注意が必要

記事を読む