担保割れに注意

住宅ローンの借り換えを行う際に、クレジットカードや消費者金融などからの借入もなく、最初に住宅ローンを組んだ時よりも就労状況も収入も良くなっている場合は、当然審査に通るだろうと考えることだと思いますが、住宅ローンの借り換えを行う時に注意しなければいけないことの大きなポイントとして、今の土地や住宅に担保価値があるかどうかということがあります。
住宅ローンを組む場合は、必ず土地や住宅などの不動産を担保にしなくてはいけません。もちろん住宅ローンを組むためにはいろいろな厳しい審査項目をクリアしなくてはいけませんが、通常数千万円ものお金を借りられるのは、担保になる不動産にそれだけの価値があることが認められるからです。したがって、現在残っている住宅ローンにそれだけの価値がないと判断されれば、審査に落とされる大きな原因となり、特に以前景気が良い時代に土地を購入して、現在土地の価値が急落している場合には、審査に落とされる可能性がかなり高くなってしまいます。
しかし今では以前よりも審査が緩和されている傾向にあり、以前は担保価値がない不動産の場合はほぼ審査に通ることはありませんでしたが、きちんと返済能力があるとみなされる人の場合は、審査に通る可能性があるので、担保価値があるかどうかが心配な場合は、不動産屋や金融機関などに現在の不動産の価値を最初に確認することをおすすめします。



注目の記事

残高にも注意しよう

記事を読む

金利の上昇に注意が必要

記事を読む

状況の変化にも注意が必要

記事を読む