他の借入にも注意しよう

住宅ローンの借り換えをする時には、必ず選んだ借入先の審査に通らなければいけません。その場合は以前住宅ローンを組んだ時の状況と異なり、自分の収入が少なくなっていたり、転職していたりすると審査に通れない場合も多くなり、さらに自分ばかりではなく妻の収入がなくなっていたり、以前は正社員で働いていたのに今はパートやアルバイトで働いている場合は、収入があまり変わらなくても審査に通れないこともあります。もちろんリストラにあっている場合は審査に通るのはかなり難しくなりますが、前と同じ状況や、状況が良くなっている場合でも、他の借入があると審査に通れないことがあります。
特にクレジットカードの使い方には注意が必要になります。現在は社会人であればほとんどの人が複数のクレジットカードを利用していて、中にはカードローンや消費者金融から借入をしている人も多くなっています。もちろん返済が滞っている場合はブラックリストに登録されることになり、一度登録されると最低でも5年間は記録が残ることになるので、審査に落とされる可能性は非常に高くなります。さらにきちんと計画的に利用していたとしても、借入額が多すぎたりすると審査に通らないということもあるので、住宅ローンの借り入れを考えた場合は、他社からの借入は控えるようにした方が賢明でしょう。


注目の記事

残高にも注意しよう

記事を読む

金利の上昇に注意が必要

記事を読む

状況の変化にも注意が必要

記事を読む