状況の変化にも注意が必要

住宅ローンの借り換えをしようと考えている人は、毎月の返済額を抑えたい人や総支払額を少しでも少なくしたいという人で、いずれにせよ少しでも返済額を少しでも抑えたいという人になります。その中でも住宅ローンの借り換えを行ってメリットを得られる人というのは、現在の住宅ローンの残高が1000万円以上あって、返済期間が10年以上残っていて、それで金利の差が1パーセント程度ある住宅ローンに借り換えする場合と言われています。確かにこの条件に当てはまる人の場合は、借り換えの際にかかる費用のことを考えてもメリットを得られることになりますが、しかし全ての人が必ず審査に通るというわけではないことも考えなければいけません。
もちろん住宅ローンの借り換えをする場合も、普通の住宅ローンを組む時と同様に審査があることは理解している人がほとんどだと思いますが、その中の多くの人が、前に審査に通ったのだから今回も審査に通ると考えている人が多いようです。その理由は前よりも借入額も少なくなるからだと思っている人も少なくないようですが、しかし以前と家族の就労状況や収入が変わっている場合や、バブルなどの高金利の時に住宅ローンを組んだ人の場合はかなり状況が変化しているので、そのような場合は十分に注意しなければいけません。

注目の記事

残高にも注意しよう

記事を読む

金利の上昇に注意が必要

記事を読む

状況の変化にも注意が必要

記事を読む