金利の上昇に注意が必要

住宅ローンの借り換えをどこで行うかを考える時には、より低い金利の商品を探すことが鉄則となりますが、住宅ローンの借り換えを行う時に注意しなければいけないことの大事なポイントの1つには、借り換え後の金利の上昇ということがあります。
現在は今までにないくらいの低金利だと言われていて、住宅ローンの金利も今までで最も低い金利が設定されています。しかしこの先この低金利がずっと継続されていくことは考えにくく、せっかく今よりも金利の低い住宅ローンに借り換えて負担が軽くなったとしても、すぐに金利が上がってしまって、前の住宅ローンのままにしておいた方が良かったということにもなりかねません。こうならないために重要になるのが金利の選択をすることで、住宅ローンの金利には大きくわけると固定金利と変動金利と固定金利選択型があり、一般的には返済期間中ずっと同じ金利の固定金利の方が、最初から金利が高く設定されていて、変動金利の場合では、現在は最初の数年間はかなり金利が低くなっています。中には1パーセントを切る商品も用意されていますが、1パーセントを切る金利は最初の数年だけで、その後はいきなり金利が高くなる場合が多くなるので、最初の金利の低さに惑わされないようにして、金利の選択を誤らないようにして下さい。


注目の記事

残高にも注意しよう

記事を読む

金利の上昇に注意が必要

記事を読む

状況の変化にも注意が必要

記事を読む