残高にも注意しよう

住宅ローンの借り換えを行うと、誰でも確実に返済額を少なくできるとは限りません。住宅ローンの借り換えをする時に、ほとんどの人が最も注目するポイントになるのは金利だと思いますが、金利の低い住宅ローンが最も良いということにはなりません。その理由は住宅ローンの借り換えを行う時には保証料や手数料などの費用がかかるからで、金利だけに注意するばかりではなく、全てのトータルで判断することが必要になります。
金利やかかる費用を確認したら、次に確認しなければいけないのが現在借り入れしている住宅ローンの残高がどれくらいあるのかということです。現在の残高が数百万円程度の場合は、いくら金利の差が大きい住宅ローンに借り換えしたとしても、かかる費用に比べてそれほど効果が出てこないということがあります。特に予算に余裕がある人の場合は、住宅ローンの借り換えをするよりも、手数料などを支払うことを考えれば繰り上げ返済をした方が、効果が高い場合も多くなるので、住宅ローンの残高が少ない人の場合には、そもそも住宅ローンの借り換えを本当に行った方がいいのかをしっかり考えることをおすすめします。一般的には住宅ローンの借り換えが有効になるのは、住宅ローンの残高が1000万円以上ある人だと言われています。

注目の記事

残高にも注意しよう

記事を読む

金利の上昇に注意が必要

記事を読む

状況の変化にも注意が必要

記事を読む